プロザックについて|バスパーとプロザックが心を救う!信頼できる抗うつ剤について

プロザックについて

the girl is worried

うつ病を治療する精神科、心療科のクリニックで処方されることが最も多い薬となっているのが、プロザックです。世界のどの病院でも処方される、といっても過言ではありません。この抗うつ剤の最大の特徴は、「副作用が少ない」ということに尽きます。抗うつ剤はうつ病の症状を抑えつつ、心の状態を不安定なものにしてしまうという性質があります。その性質によって頭痛が引き起こされたり、脱力感や突発的な暴力衝動などが起きる可能性が少なからずあります。自分に合わない薬をのんだとき、そのような「副作用」が出ることがあるのです。

しかし、プロザックを選んで飲んでいる限りは、そのような副作用が現れる可能性はきわめて低いものとなります。
プロザックは、セロトニンという神経伝達物質の「再取り込み」を阻害します。セロトニンは分泌されたあと、一部が再取り込みされてしまうという性質があります。その結果、セロトニンの量が足りずにうつ病の症状が進行してしまうというケースがあります。
再取り込みを防いで、セロトニンが十分に神経間で働けるように促すのがプロザックの役割です。このような「セロトニン再取り込みの抑制」を行う抗うつ剤はほかにもありますが、プロザックはその中でも効果がゆっくりじわじわ効いていくという特徴がある薬です。効き方が穏やかであるために副作用が出にくい、というのがプロザックの特徴なのです。
「抗うつ剤は副作用が心配」という方は、こちらを選ぶことでしっかりと病気を治すことができるでしょう。