心療科に相談|バスパーとプロザックが心を救う!信頼できる抗うつ剤について

心療科に相談

drugs

うつ病を治療するための抗うつ剤は、クリニックで処方してもらう方法と、自分で購入する方法の2つが考えられます。
バスパーやプロザックは心療科、精神科といった医科のクリニックで処方されており、さらに自分で購入することが可能です。特にバスパーは不眠症などにも効果がある薬なので、「心がざわざわして眠れない夜が続いている」という人は自分で購入してみるのも良いでしょう。具体的に言えば、抗うつ剤を自分で購入する方法とは、通販を活用するという方法です。今はネット通販で何でも購入できる時代ですが、ついに抗うつ剤をはじめとした薬も購入できるようになっているのです。
とはいえ、何にせよ医薬品について「自分で決める」というのは厳禁です。
たとえばプロザックを購入したとき、使う前には必ずクリニックで診察してもらい、使っていいかどうかの確認を取らなければいけません。プロザックは効き目が穏やかなのでほとんど可能性ゼロですが、中には体に薬が合わずに副作用が出やすくなってしまう人もいます。
心療科や精神科のお医者さんは、それを正しく見極めてくれるプロフェッショナルです。しっかりとその意見を聞いたうえで、薬は使っていく必要があります。また、抗うつ剤は妊婦さんが飲んだ場合、退治に影響を与えるとされています。
抗うつ剤を飲んでいる間に妊娠してしまった場合、「大丈夫かしら」と不安になり、薬を自己判断で捨てること、治療を打ち切ることを考える人も多いでしょう。しかし、抗うつ剤の使用についてはあくまでも病院で判断してもらいましょう。